車の乗り換えは慎重に

kuruma

車乗り換えひろばでは損をしないための車乗り換え方法をご紹介しています。私はディーラーで働いていた経験がありますが、車の買取りや下取りで損をしている方があまりにも多く、そうした方が増えないよう当サイトを立ち上げました。

ディーラー努めだった頃は、ディーラーのマイナスになるようなことはいえませんでしたが、今は転職して別の業界で働いていますので、本当のことが言えます。。。

当サイトでは車の乗り換えノウハウや、お客様の車の乗り換え体験についてもご紹介していきます。どうぞよろしくお願いいたします。

ディーラーはプラス査定がない

車を乗り換えるとき、ディーラーの下取りを利用する方が大半ですがお金だけを考えると損をしていることが多いです。メーカーに限らずディーラーではプラス査定という概念ないので他社製のカーナビ、カーオーディオ、マフラー、タイヤなどのパーツはいくら品質がよくても評価されません。

むしろ、そのままでは下取り後に販売できないのでマイナス評価になってしまいます。なぜマイナスになるかというとメーカー純正のパーツに戻すためにかかる作業や部品代がかかるからです。その分の費用が下取り額から引かれることになります。

改造しているなら買取を選ぶ

kuruma2

純正のまま使っている車であれば、下取りを利用するのは間違いではありません。購入と売却の手間が一回で済むことは大きなメリットです。しかし、上記のように改造している車ならカーセブンやラビットなどの買取を利用したほうが高く売れる場合がほとんどです。

ディーラー仲間に聞かれたら怒られそうな内容ですが、これは事実です。メーカーと直接取り引きがない買取専門業者は買取る車のパーツが、メーカー純正パーツである必要はないのでパーツの質が良ければプラスして査定されます。

今までディーラーでしか車を売ったことがない方で、車を改造しているなら買取専門業者を利用してみてもいいかもしれません。

買取専門業者では手数料も違う

買取専門業者ではディーラーでは当たり前のようにある、「下取り査定料」もかかりません。この手数料は査定にかかる作業費という名目で徴収する費用です。

正直、いただかなくてもいいのでは?という費用ですが、お役所体質の残っているディーラー業界ではあたり前にかかる費用になっています。

まとめ

まだまだ書きたいことはたくさんあるのですが、まとまらないので続きは日を改めようと思います。車の乗り換えはディーラーと買取専門業者、どちらを選ぶかだけではなく時期やタイミングも同じくらい重要になっています。それについては下記のサイトで詳しく解説されています。

車の買い替え時期とタイミング

これから車を乗り換える方は損をしないよう注意をして手続きをすすめてくださいね。

保存

保存