[ 高く売るためのハウツー ]

デミオを高く売るために車内を掃除してから売る

demio2

今から5年ほど前の事です。定年退職を一年後に控えて車の買い替えについて検討していました。定年後高額な車の買い替えは難しいと思われて、今回燃費の良い新車を買って10年は乗る積もりでした。

出費が少なければ年金生活でも無理のないカーライフを送れると考えていました。それまで乗っていたのは、10年目に差し掛かろうとするマツダのデミオでした。初めてのオートマ車で古くても、調子よく乗りやすい車でした。大きな傷もなく、燃費もまあまあでした。日々運転する奥さんもお気に入りの車でした。

車検前に買い替えを検討

車検もせまっていたので、買い替えを考えていたのですが、1月に息子の運転で出かけた帰り、家の車庫でバンパーをこすってしまいました。今更直すのももったいない気がして半年ほど早く、この車を下取りに出して新車を買うことにしました。

傷は見た目ですぐわかるほどの傷でしたが、一応補修のペイントでなるだけ簡単な処理で済ませました。傷跡は残っていましたが、本体と同色で塗ったので、処理はしているように見えたでしょうか。

燃費を考えてフィットに決める

購入する車はコンパクトで燃費が良いものを考え、車雑誌の評価も高いものを選ぶことにしました。車雑誌やカタログを集め、家族の意見も聞きながら、最終的にはホンダのフィット1.3リットルの13Gを買うことにしました。

そこで、その時乗っていたデミオの処分ですが10年落ちの傷のある車に値がつくとは考えられず、単独で自動車販売店に持って行ってもダメだろうと思いました。新車を買う時の下取り車として少しでも買い取り価格の値引き分になればとホンダのディーラーに乗り込みました。

デミオを少しでも高く売るために車を掃除する

少しでも好印象に残るのではと思い、久々にカーワックスをかけ、社内のゴミはすべて取り除きました。オプション類は価格に反映されにくいと聴いていたので、カーナビ等は取り外しました。

しかし、そこでは下取りという形はとっておらず、ディーラ内にある中古販売部署で査定してもらい、新車は新車で価格交渉をするというスタイルでした。このスタイルは初めてだったので戸惑いましたが、新車をそれなりに値引いてもらったので、これでいいかと思っていました。

デミオに5万円の値がつく

デミオの買い取りは値がつかないのかと思ったら、5万円程の値段が付きちょっと得した気持ちになりました。新車受け取りの日、このデミオに乗って最後のドライブをしました。

いままでよく頑張ってくれたと感謝をしてディーラーに納品しました。新車購入の価格の負担を少しでも減らしてくれたデミオに感謝しています。