[ 高く売るためのハウツー ]

マニュアル車からオートマ車への乗り換え

今から7年ほど前の事です。妻が入院しまて、1週間ほどで退院してきたのですが、急にその時の車に乗りたくないと言い出しました。医者からはストレスを溜めるようなことはしないように生活指導を受けたので、希望を聞くことになりました。

その時はスバルのフォレスターで大きめのSUVでしたが、私がゴルフ等に出かける事を想定して選んだ車だったのです。しかし、日々買い物に使う奥さんは、駐車も毎回大変だし細い裏道を通るのも大変で不満を募らせていました。

車検がせまりフォレスターを売ることに

そろそろ8年目で秋には車検なので、買い替えるかどうかその時判断しようと思っていました。しかし、強い妻の希望があり、じっくりと次の車を探す時間もなく、フォレスターをどのようにして売るか考える時間もほとんとありませんでした。

しかし、次に買う車の少しでも足しにならないか、いろいろと考えてやれることはやろうと思いました。その時フォレスターは外観は小さな傷が少しありましたが、補修ペイントはこまめにして塗っていました。

駆動系はクラッチが長く使っていたので、すこし滑る状況でした。これは売るとき何か言われるかと思っていました。せめてと思い全体にカーワックスをかけ、ついているカーナビやステレオもそのままにして売ることにしました。

このような事でどれだけ買い取り価格がプラスになるか不明でしたが、時間が無い中出来るだけのことはやろうと考えていました。自宅近くに中古車センターの「チューブ」さんがあったので、フォレスターで乗り付けて、奥さんの希望である中古のコンパクトカーを探してもらいました。

マニュアル車からオートマ車へ

demio

フォレスターまではずっとマニュアル車に乗っていたのですが、はじめてオートマ車を購入することになりました。訪問した場所には気に入った車がなかったので、事務所のパソコンで関係店舗にある車を見せてもらい、マツダのデミオを購入することになりました。

フォレスターもいろいろ交渉したら20万円ほどで引き取ってもらうことになりました。オプション品は価格アップの材料にはならないことを初めて学びました。クラッチのすべりは指摘されませんでした。

契約してから10日くらいして車が届いたと連絡が来たので、最後の運転で車を届け中古のデミオを引き取って自宅に戻りました。5キロくらいでしたが初めてのオートマ車でちょっと緊張したドライブでした。

デミオは乗りやすい

いいまでの車が大きかった分コンパクトなデミオは乗りやすく、家族も気に入りました。フォレスターは過去乗った車の中でも長距離がものすごく楽な車だったので、新しいオーナーさんに大事に乗られたらいいのになぁと考えました。